北野武さんの名言

夢をもて、目的をもて、やれば出来る
こんな言葉に騙されるな
何も無くていいんだ。 
人は生まれて、生きて、死ぬ 
これだけでたいしたもんだ。
他人への気遣いで大切なのは話を聞いてやることだ。
人間は歳を取るとどういうわけかこれが苦手になるらしい。
むしろ、自分の自慢話ばかりしたがるようになる。
だけど、自慢話は一文の得にもならないしその場の雰囲気を悪くする。
それよりも相手の話を聞く方がずっといい。
あいつ、裏切った、裏切ったって心の中に毒持って生きてくより相手にいいことしてやったっていう感覚でいるほうがいいんだ。
だって、裏切りなんてこれからもじゃんじゃんあるんだから。
それをいちいち自分の問題にして抱え込んでたら大変なことになっちゃうし。
金のことでつべこべ言うと母親にこっぴどく叱られたものだ。
誰だって、金は欲しいに決まっている。
だけど、そんなものに振り回されたら人間はどこまでも下品になるというのが俺の母親の考えだった。
貧乏人のやせ我慢と言ったらそれまでだがそういうプライドが、俺は嫌いじゃない。
人間のやることは不思議で不条理なのだ。
俺だって、アフリカで何万人もの人が飢え死にしているっていうのに映画なんか撮っている。
努力すれば、きっとなんとかなるってそんなわけないだろう。
一所懸命やればなんとかなるほど世の中甘くないってことは親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。
必死にやってもうまくいくとは限らなくてどうにもならないこともある
それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう。
変な言い方だけど自分のために死んでくれる人間が何人いるよりもそいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が人間としては幸せだと思う。
芸人をやって、映画監督をして。ビートたけしをして北野武でもいるといういまの人生は本当に疲れる。
弱音を吐くわけじゃないけれどなにもこんなことをしなくても人生の快感を得ることはできたんじゃないかと思う。
コツコツと真面目に働いて家族を守り、子供を育てる。
それだけでも、十分に人生を生きたいという満足感は得られる。
有名になろうが、いい映画をつくろうがその満足感には大差がないだろうということはこの歳になってみればよくわかる。
とはいえ、もう一回人生をやり直せたとしても苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。
自分の子供が何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない。
それじゃ辛いというならなんとか世の中を渡っていけるだけの武器を子供が見つける手助けをしてやることだ。
それが見つからないのならせめて子供が世の中に出たときに現実に打ちのめされて傷ついても生き抜いていけるだけのタフな心に育ててやるしかない。
世間一般ではアニメオタクとかフィギュアオタクとか秋葉原をうろついてるやつらを何か差別的に指してるみたいで困るんだけどひとつのことにこだわって情熱を傾ける人たちをオタクと呼ぶとしたらオタクになれるのは実にすごいことだと思うよ。
成功の秘訣はいちばんなりたいものじゃなくてその人にとっては二番目か三番目の違う仕事に就くこと。
自分にはもっとやりたいことがあるんだけど今すぐにそれをできる能力はないから違うことをやってます。
それぐらい自分を客観的に見られるやつのほうが成功する可能性は高い。

心戒十訓

1.人を大切にする人は人から大切にされる
2.人間関係は相手の長所と付き合うものだ
3.人は何をしてもらうかより何が人に出来るかが大切である
4.仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
5.挨拶はされるものではなくするものである
6.仕事は言われてするものではなく、探してするものである
7.わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強だ
8.美人より美心
9.言葉で語るな心で語れ
10.良い人生は、良い準備から始まる

暑中見舞

よく笑う人はよく泣いた人

よく大丈夫と言う人はよく無理をする人

よく強がる人はよく我慢する人

幸せな人は辛さを知っているから優しくなれる強くなれる
今は幸せになる途中だから辛い。
この「辛」い気持ちに幸せになれる「一」の欠片を足していく旅が人生なのである

忘れちゃいけない12項目

①感謝することを忘れるな
②助けることを忘れるな
③想う気持ちを忘れるな
④真っ直ぐさを忘れるな
⑤痛みを忘れるな
⑥孤独を忘れるな
⑦寄り添うことを忘れるな
⑧泣くことを忘れるな
⑨怒ることを忘れるな
⑩笑うことを忘れるな
⑪抱き締めることを忘れるな
⑫愛することを忘れるな

やる気を出す。

いいのがあったので引用します。
--
やる気の正体は「気分」
「やる気が出る」とは「気分が高まっている」ということ。
いかに自分の内側にある気分を高めていくか。
気分を高めるには、自分の精神状態をコントロールすることが大切。
精神状態をコントロールするとは、
例えば、褒めてもらうこと。
褒めてもらうと、単純にやる気が出る。
褒めてもらうと嬉しいし、誰かの幸せに役立っていると確認できると、やる気が出てくる。
--
日常ではほめてもらってないので、ホントかなぁって気がしますが。
まずは自分自身でほめようかと思います。

2014年

①忘れてはならぬもの「感謝」
②言ってはならぬもの「愚痴」
③曲げてはならぬもの「つむじ」
④起こしてはならぬもの「短気」
⑤叩いてはならぬもの「人の頭」
⑥失ってはならぬもの「信用」
⑦笑ってはならぬもの「人の落ち度」
⑧持ってはならぬもの「ねたみ」
⑨捨ててはならぬもの「義理人情」
⑩乗ってはならぬもの「口車」

プロフェッショナルの定義

1顧客の満足を第一に考える
2誰にも負けない専門知識を身に付けるようにする
3期待以上の働きをする
4口にしたことは実行し、できることのみを口にする
5効果的なコミュニケーションを行う
6優れた指針に従う
7自身ではなく同僚を称賛する
8知識を共有する
9感謝の意を表す
10笑顔を絶やさず、常に前向きな態度で臨む

利他の精神

他人の喜びを自分の喜びとする、やなせ先生の考え方を勉強したいと思います。
※相手の、または他人の利益や便益を重んじ、自己をささげる心構え。利他を行動原則とする考え方。そして利他に徹すると、その結果は自分に返ってくる。

凡事徹底

最近尋常でない量になってしまったのですが、できるだけ
凡事徹底
したいと思います。

迷わないことが強さじゃなくて、

迷わないことが強さじゃなくて、怖がらないことが強さじゃなくて、泣かないことが強さじゃなくて、本当の強さって、どんなことがあっても、前をむけることでしょ。前をね。